2200シリーズ空圧リードスクリュータッパ

8655-B24-A, Lead Screw Tapper

2200シリーズ

1/2" .62HP(.47kW)

AROリードスクリュータッパは中高生産マシニング用途での高精度なホールタッピング用に設計されています。 ツールは空気駆動であり全自動で、内蔵の圧力作動式バルブを装備しており、起動と待機のための手動制御とリモート制御ポートを装備しています。 取付けは、簡素な空圧回路のみ必要で、簡単です。 個別にも、またその他の空圧および電気式セルフフィードツールおよび装置コンポーネントと組み合わせても使用できます。

Features

  • +/-.005"(.127mm)の再現性が高いタッピング深さの精度です。
  • ストローク長は最小3/16"(4.8mm)から最大2.0"(50.8mm)まで完全に調節可能で、広範囲のセットアップで使用できます。
  • パイロットホールが欠如していたり、過度のずれが発生している場合に、自動的にスピンドルを待機させますので、内蔵の「ホール無し」感知システムはタップ寿命を延ばします。
  • モジュールツールデザインにより、エアーモータとギアの保守が簡単で、便利な、経済的速度とリードスクリューの変換を作業ニーズに応じてできます。
  • コンパクトサイズですから装置スペースは小さくなり、デザイン柔軟性が増します。
  • 固定位置フットマウントは堅固な構造を強化する一方、追加の取付け用ハードウェアが不要です。
  • モデル選択範囲が広く、米国スレッドとメートルスレッド両方ご利用いただくことができます。
  • ツウィンおよびマルチスピンドルタップヘッドを狭い中央マシニングニーズのためにご利用いただくことができます。

 


© 2016 Ingersoll Rand. All rights reserved.